パチンコの求人お役立ち情報

アイコス、グロー、プルーム…そもそも加熱式タバコって何?

2021年02月15日(月)

喫煙可能場所が複数ある加熱式タバコ

改正健康増進法により、2020年4月1日以降、パチンコホール内は原則禁煙になっています。
細かいタバコ葉を紙で巻いた、一般的な「紙巻きタバコ」は喫煙室でしか吸えませんが、タバコ葉を加熱して蒸気を吸う「加熱式タバコ」は喫煙フロア、喫煙室、加熱式タバコエリアで吸うことができます。

喫煙者が過半数を占めるというパチンコ・スロットユーザーにとって、パチンコホールの禁煙化はホールから足が遠のく要因になりやすく、コロナ禍で厳しい経営を強いられているホール側にとっても頭の痛い問題です。
最近では、この加熱式タバコを吸えるエリアを設置するホールが増えており、集客につなげようとしていることがうかがえます。

そこで今回は、禁煙者はもちろんのこと、喫煙者でも詳しく知らない人が多い「加熱式タバコ」についてご紹介しましょう。

加熱式タバコの仕組み

タバコ葉に直接火をつける「紙巻きタバコ」とは違い、「加熱式タバコ」はタバコ葉に熱を加えてニコチンを発生させます。蒸気が、紙巻きタバコでいう煙の代わり。タバコ葉を燃やさないため、タールの発生量が少なく、人体への健康被害も抑えられると言われています。
とはいえ、ニコチンを含まないリキッドを使う「電子タバコ」とは違い、この加熱式タバコは「たばこ税」がかかっている立派なタバコなのです。

また、基本的に加熱温度が高くなると発生する匂いも強くなるため、吸う環境によっては周りの目が気になるかも……。紙巻きタバコほどの匂いではないものの、無臭とはいきません。

加熱式タバコ界No.1「アイコス」

紙巻きタバコとまったく同じ喫味を加熱式タバコで再現することは不可能なので、「物足りない」「何か違う」と感じて、紙巻きタバコに戻る喫煙者は少なくありません。
そんな加熱式タバコの中で、もっとも支持を得ているのが「アイコス(IQOS)」です。紙巻きタバコ愛好者からも評価される高いタバコ感と、デバイスの無料レンタルサービスなどによって多くのユーザーを獲得しています。

その他の加熱式タバコ「グロー」「プルーム」

タバコ葉を中心(内側)から加熱する「アイコス」に対して、タバコ葉を外側から加熱するのが「グロー」や「プルーム」。
「グロー」は「アイコス」ほどタバコ感は強くないものの、普段から軽めの紙巻きタバコを吸っている人には好まれる傾向があります。
低温加熱式の「プルーム」は、吸いごたえに特化した「プルーム・テック・プラス」や、匂いが驚くほど少ない「プルーム・テック」などをラインアップしています。

まとめ

カートリッジのフレーバーは各機種においてさまざまなものがあり、いろんな味を試してみるのも加熱式タバコの楽しみ方の一つです。
遊技の合間に何度も喫煙室に行くのが億劫に感じたり、タバコ休憩で良い流れが途切れてしまうのが嫌な人もいることでしょう。そんなときは、お気に入りの加熱式タバコを喫煙可能エリアで思う存分吸いながら、パチンコ・スロットを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

「就職・転職について相談したい」「パチンコ業界について知りたい」「自分に合った求人がわからない」などのご相談がある方、お気軽にパチンコの求人サポートセンターにお問い合わせください。 -WEBで相談 -電話で相談

 

カテゴリー : パチンコについて

カテゴリー

ブログ内検索