パチンコの求人お役立ち情報

Web面接の準備と心構え

2020年11月09日(月)

感染拡大防止のため、面接もオンライン化

2020年、新型コロナウイルスの感染拡大により、多くの業種・サービスでオンライン化が進みました。就職活動においても従来の対面式面接ではなく、ビデオ通話を使った「Web面接」に切り替わりつつあります。
今回は、そんなWeb面接を受ける際の注意点やポイントをご紹介します。

面倒な作業をする必要がないZOOM

Web面接とは、インターネットを介して行われる面接試験のこと。パソコンやスマートフォンの画面を通して対面、質疑応答のやり取りをします。
多くのビデオ通話アプリは参加するために登録しなければいけない場合が多く、プライベートで使っていたID・ネームが「好きな芸能人」「自分のニックネーム」などの場合、企業に見られてもいい、本名のID・ネームを新たに用意しなければいけませんでした。
しかし、ZOOMは受け手(招かれる)側は会員登録の必要がなく、主催者が発行したURLをクリックするだけで参加できる簡単なシステムです。

Web面接を受ける際の準備~その1~

ZOOMは、パソコンを使う場合は発行されたURLをクリックすれば自動的にダウンロード(約5分)が行われるため、事前にダウンロードや登録の必要はありません。
ただし、スマートフォンやタブレットを使う場合は、ZOOMのアプリを端末にインストールしておく必要があるので注意してください。

Web面接を受ける際の準備~その2~

その他には「通信環境の確認」と「マイク付きイヤフォンの用意」の必要です。
無線接続よりも有線接続の方が通信は安定するので、パソコンを使う場合はLANケーブルで接続するといいでしょう。
また、Web面接で使用するカメラやマイクは基本的にパソコンやスマートフォンに内蔵されているものでかまいません。ただし、雑音が入るのを防ぎ、よりクリアなやり取りをするためにはマイク付きイヤフォンを用意することをオススメします。

Web面接を受ける際の注意点~その1~

スマートフォンを使用する場合は画面の揺れに注意が必要です。手で持って面接を受けるのは厳禁。スマートフォンを固定するアームやスタンドを使いましょう。
また、スマートフォンを目線よりも低い位置に置くと、画面上では、相手(面接官)は“あなた”から見下ろされているように感じます。なので、スマートフォンは目線と同じ高さに固定することが大事です。
画面への映り方は顔のアップにせず、画面内で頭の上を少し空け、胸から上が画面に映るようにしましょう。

Web面接を受ける際の注意点~その2~

Web面接は自分の部屋で受ける場合が多いでしょう。マイクは周りの音を拾いやすいので、家の外の雑音や家族の話し声などの生活音が入らないように注意してください。
また、背景に散らかった部屋や壁のポスターなどが映ってしまうのも良くありません。映り込む部分を片付けるか、「単色の壁やカーテン」などを背景にする角度でカメラを固定することが大事です。

Web面接を受ける際の心構え

カメラを通すと目線がずれたり、照明の具合によって暗い印象を与えてしまう場合があります。事前にアプリを使ってみて、相手にしっかりと目線を送る練習や自分の映り方の確認をしておきましょう。
また、カメラを通すと対面時よりも表情や雰囲気が伝わりにくくなるので、普段よりも少し大げさにうなずいたり、表情を豊かにすることも大事です。ハキハキと滑舌よく話す意識を持ちましょう。

まとめ

Web面接は、試験の会場を自分で用意しなければいけないため、その環境整備や面接中の不意のトラブルへの対応、カメラを通しての自己表現など、ある意味では対面式面接よりも評価項目が多く、難しいものだと言ってもいいでしょう。
ただし、準備すべきことや心構えは「いたって当たり前のこと」ばかりなので、ひとつひとつ準備し、落ち着いて本番に臨むようにしてください。

 

「就職・転職について相談したい」「パチンコ業界について知りたい」「自分に合った求人がわからない」などのご相談がある方、お気軽にパチンコの求人サポートセンターにお問い合わせください。 -WEBで相談 -電話で相談

 

カテゴリー : 転職成功のコツ

カテゴリー

ブログ内検索