パチンコの求人お役立ち情報

株式会社アサヒディード(イルサローネ・エリート)をまとめてみた

2015年07月13日(月)

セリー/パチンコの求人サポーター
 パチンコ業界には約3,000社のパチンコ店経営企業があると言われています。売上2兆円を超える企業や株式上場をしている企業など、閉鎖的な業界だからこそ一般的にはあまり知られていません。この企画を通じてパチンコホールを経営している企業のことを多く広めることを目的に、パチンコ店に詳しくないセリーが企業研究した結果を公開します。

 

大きな人材投資をもとに会社の成長を実現!

 株式会社アサヒディード(以下、アサヒディード)は大阪府と兵庫県にてイルサローネ、エリートというパチンコ店を12店舗展開しています。アサヒディードは1946年に大阪府大阪市生野区にて醤油の製造事業を行う会社として創業し、1954年に大阪府大阪市中央区に銀星というパチンコホールを出店することでパチンコホール運営事業に参入していきました。

 その後、1967年に大阪府大阪市東成区に総合レジャー施設を立ち上げると同時に、株式会社アサヒスポーツセンターとして設立、1991年に株式会社アサヒディードに社名を変更しました。現在では店舗併設の飲食店やコンビニの経営等も行い、お客様に快適な空間の提供の実現を図っています。

アサヒディードの特徴1 8割のお店が地域一番店

 アサヒディードのお店は大阪府に11店舗、兵庫県に1店舗あり、大阪市を中心とした周辺地域に店舗展開をしています。アサヒディードのお店の大きな特徴の一つが運営するお店の約8割が「地域一番店」としての経営を行っている点。お客様に最高の接客を提供し、お客様満足度の向上を図ることで多くのお客様に選ばれているのです。

 2013年には店舗併設の飲食店「なにわトンテキ」をオープンするなど、「遊技」以外の方向からもお客様満足向上のための取り組みを始めています。また、「いつでも誠実に『あなたの満足』に挑戦します」というサービスコンセプトの下、現場に大きな権限を委譲することで、地域のお客様の声やニーズをしっかりと取り入れることが出来る仕組みが整っています。

 

アサヒディードの特徴2 人材教育に多大な投資を実施

 アサヒディードは人材育成に非常に力を入れています。それはアサヒディードに「人が店を、そして会社の未来を変えていく」という考えがあるため。研修制度の充実はもちろん、社員一人ひとりが自身の思い描くキャリアプランを実現できるような配属制度など、社員が仕事へのモチベーションを高めながら、スキルアップしていくことが出来る環境が準備されているのです。

 その他にも、「チャレンジシップフォーラム」というイベントを実施。これは社員間でチームを編成し、チームごとに設定した目標に対する取り組みと成果を全社にプレゼンするというものです。このイベントを通じて、成果を上げたチームや個人を称えるとともに、社員の成長を皆で共有することが出来ています。

 アサヒディードがたくさんの地域のお客様に愛され、選ばれているのは「楽しさ」や「喜び」を確実に提供することが出来ているためです。それを可能にしているのはアサヒディードの充実した環境の中で、しっかりと成長した社員一人ひとりなのです。

 

研修制度とキャリアプラン

年間休日100日、しっかりとお休みが取れます。
月7日の休日(シフト制)加えて、夏季休暇・冬期休暇、有給休暇、慶弔休暇などの特別休暇が用意されています。

研修制度
役職や経験等に合わせて多岐にわたる研修制度が用意されています。

例:優秀社員海外研修制度
ストアマネージャー育成研修など

評価制度
成果や実力に応じて給与や役職を決め、役職ごとの成果責任を課し、達成のために各自計画を立てていく「PMS制度」という先進的な評価制度を導入しています。そのため、自主的に働きながら、質の高い経験を積んでいくことが出来ます。

待遇・福利厚生

社保完備、各種手当有(残業手当、食事手当、交通費、休日出勤手当など)、昇給年1回・賞与年2回、寮完備、財形貯蓄制度など

 

今後の展望

アサヒディードは2016年3月までに売上557億円、運営店舗を13店舗にするという中期経営計画を立て、さらなる成長を目指しています。そのためにも、「より多くのお客様に喜ばれる娯楽を通じて豊かな暮らしを実現します。」 という経営理念を社員全員で共有し、お客様満足を追求していきます。

 また、新しく始めた飲食店併設のお店を拡大していく計画を立てており、お客様満足の向上とともに利益の最大化も図っていく予定です。今後も人材育成に注力し、優秀な社員を増やしていくことで会社としての成長を図っていくアサヒディードに注目です。

カテゴリー : パチンコ企業研究

カテゴリー

ブログ内検索