パチンコの求人お役立ち情報

求人企業を探すときに考えるべき3つのポイント

2018年01月23日(火)

求人企業を探すときに考えるべき3つのポイント

転職活動は、体力的にも精神的にもとても負担がかかるものです。なので、「早く終わらせたい……」と、目に付く求人にすぐ飛びついたり、それほど希望は高くなかったけれど、内定が出たから即入社を決めたりなんてことがあるかもしれません。しかし、それでは、入社後にとても後悔することになったり、またすぐに転職することになったりする可能性もあります。
今回は、転職後に後悔しないためにも、求人を探す時に気を付けて見てほしいポイントについて考えていきたいと思います。

 

1. 給与額
希望の給与額や希望の年収を決めておくことが大切です。希望給与額を考える際は、どんな条件を優先するのかも一緒に考える必要があります。「今よりも休日数などが減って忙しくなっても、絶対に◯万円以上がいい」「今よりも給与額が下がってしまっても、休日数が多いところで、家からも近いところがいい」など。他の条件も合わせて希望給与額を決めるようにしてください。また、給与額のラインを決めるひとつの基準として、「1ヶ月にかかる費用を算出して、そこから逆算的に決める」という方法もあります。
求人企業で、もしその希望額に見合わなくても、「昇給や昇進する可能性があるかどうか」を見るようにしましょう。たとえば、評価制度がきちんと整っているかどうかを確認したり、そこで働いている人がどのようにキャリアアップしているかを聞いたりするといいです。

 

2. 勤務エリア
パチンコ業界では,何かと転勤になることが多いです。特に全国に展開しているような大手のパチンコホール企業となると、いつ、どこに配属されるか分からず、不安に思う人もいるでしょう。なので、「絶対に転勤したくない」「今住んでいるところから離れたくない」と考えるならば、今住んでいる地域やその付近だけで展開しているパチンコホール企業などを選ばなくてはいけません。
また、「どこに転勤になっても大丈夫」という人であっても、その求人企業が、どこに店舗を構えているのかをしっかり把握しておくようにしましょう。

 

3. 社風・経営理念
給与額や複利厚生などばかりに目がいって、なかなか経営理念にまで見ていない人がいます。しかし、それは重大な失敗につながる可能性があります。きちんと社風や経営理念、トップの言葉などに対して、「とても共感できる」「ここで活躍したい」と思うかどうか確認しましょう。
少しでも気になることがあれば、面接の場で質問するのもありです。面接は、求人企業が転職希望者を見定めるためのものだけではなく、転職希望者が求人企業を見極める場所でもあるのです。

 

まとめ
求人企業を探すときに特に見るべきポイントは、(1)給与額(2)勤務エリア(3)社風や経営理念です。
入社後に後悔しないためにも、事前にしっかりと情報を集めて、自分の希望条件と照らし合わせてみることが大切です。
なかなかうまくいかない時期が続くと焦ってしまうかもしれませんが、自分のこの先の長い人生を真剣に考えて行動していくようにしましょう。

「就職・転職について相談したい」「パチンコ業界について知りたい」「自分に合った求人がわからない」などのご相談がある方、お気軽にパチンコの求人サポートセンターにお問い合わせください。 -WEBで相談 -電話で相談

カテゴリー : 豆知識, 転職成功のコツ

カテゴリー

ブログ内検索