パチンコの求人お役立ち情報

面接、この質問にどう答える?「退職理由・志望動機」編

2021年07月20日(火)

近年の採用試験は短期決戦

パチンコ業界で正社員の中途採用は、基本的にはホールスタッフとカウンタースタッフの募集が多く、一般的な求人誌でもよく見かけます。
特に慢性的な人手不足や新規出店では素早い人材確保が必要なので、1回の面接で合否を決定することも珍しくありません。大手のパチンコホール企業ほど、そうした傾向が顕著になっています。

面接官は「合否の判断に迷うから二次面接をしよう」と考えるのではなく、「迷ったなら採用しない」と考える場合もあるのです。
つまり、試験を受ける側は「チャンスは面接1回のみ」というつもりで、自分の思いと持ち味をしっかりと出していくことが大切になります。

今回は「面接、この質問にどう答える?」シリーズの前編として、「退職理由」と「志望動機」の質問意図や答え方のポイントと共に、避けるべき「NG回答例」もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

面接でよくある質問「退職理由」

求人企業側にとっては、退職(退社・転職)の理由が妥当なものかを確認する、極めて重要な質問です。提出した履歴書や職務経歴書に沿って、やや突っ込んだ質問がくることもあるでしょう。

パチンコホールは1日で動く金額が他のレジャー産業と比べて桁違いに多く、セキュリティ面でも厳しい管理が必要になります。そのため、緻密さ、忍耐強さ、正義感、協調性などの人間性をさり気なく確認されるのです。

本来、転職は「自ら望んで入った会社を辞めた」というネガティブな要素を持っていますが、「キャリアアップ」や「さらなるチャレンジ」といった前向きな理由を述べるといいでしょう。
その際は、退職の経緯とこれから先のビジョンを絡めて簡潔に話すと、「よく考えている、計画性がある人だ」という印象を与えることができます。

退職理由のNG回答例

「給料が安かった」「合わない人がいた」「正当に評価されなかった」などの不満や愚痴は絶対に避けるべきものです。
また、大事なことを隠したり、脚色して、事実とは異なる退職理由を述べるのもNGです。次々と質問を受ける中でボロが出たり、入社後に嘘がバレたりすると問題になりかねないので注意しましょう。

面接でよくある質問「志望動機」

これは、求職者が自社にどれだけ興味と熱意を持っているかを図るための質問です。採用企業の社風や営業スタイルと求職者の価値観がピッタリ合うのかを確かめる一面もあります。

志望動機が曖昧だったり、明らかに社風とは異なることを求める発言をしてしまうと、面接官は「なぜ、うちを選んだのだろう?」「うちには合わない」と感じ、判定に悪い影響を与えかねません。

なので、企業研究として会社のホームページやインターネット上にあふれている記事に目を通し、「共感したところ」「魅力に感じたところ」を明確に伝えるようにしましょう。

また、パチンコ・パチスロの遊技経験がない人や異業種からの転職組は、必ずと言っていいほど「なぜパチンコ業界を志望したのですか?」と聞かれるはずです。
そこで「パチンコ業界である理由」と「その企業である理由」をきちんと答えられるように自分の中で整理しておきましょう。

志望動機のNG回答例

「給料が高いから」「大手企業だから」など、それが本当の志望動機なら決して隠す必要はありません。
ただし、給料が高い企業や規模の大きな企業は他にもあるはずなので、面接官は「自社に対する熱意が足りない」「動機が曖昧」と感じてしまうでしょう。

志望動機は「その業界・企業じゃなければダメな理由」を述べることが何よりも大切なのです。

 

「就職・転職について相談したい」「パチンコ業界について知りたい」「自分に合った求人がわからない」などのご相談がある方、お気軽にパチンコの求人サポートセンターにお問い合わせください。 -WEBで相談 -電話で相談

 

カテゴリー : 転職成功のコツ

カテゴリー

ブログ内検索