パチンコの求人お役立ち情報

ホワイト企業の見分け方と探し方

2020年06月22日(月)

誰もが勤めたい「ホワイト企業」

10年ほど前からよく聞くようになった「ブラック企業」「ホワイト企業」というフレーズ。自分が働いている会社を「ブラックだ」と揶揄するのは程度問題もあるので、その言葉を額面通りに受け止めることはできませんが、アルバイトであっても、できれば誰もがホワイト企業で働きたいと思うことでしょう。
では、そんなホワイト企業はどんな部分から見分けることができるのか、どうやって探せばいいのかを考えてみましょう。

ホワイト企業の定義

では、まず「ホワイト企業」の定義について考えてみます。
ホワイト企業とは、待遇や福利厚生の面などで従業員にとって良好な職場環境が整っていて、離職率が低い会社のことを指すのが一般的です。もう少し具体的に見ていくと、以下のような特徴が挙げられます。
・残業が少ない
・年間休日数が多い
・福利厚生が充実している
・定着率が高い(離職率が低い)
・女性の働きやすい環境がある
・ハラスメント対策に力を入れている
・評価制度が分かりやすい
・社員教育制度が整っている
このような社員を大切にする環境・制度があるのがホワイト企業と言っていいでしょう。

ホワイト企業の探し方

ここまでいくつも挙げてきたホワイト企業の定義ですが、すべてが完璧に揃っているところを見つけるのは難しいと言わざるを得ません。なので、優先順位をつけて考えることが大切になります。
それを踏まえて、自分にとってピッタリのホワイト企業を探すにはどのようなやり方があるのかをご紹介します。

1)ランキングサイトを見る
「東洋経済」が発表している3年後離職率、「OpenWork」における元社員がつけた評価、「帝国データバンク」の信用程度などから算出した『ホワイト企業ランキング100』は一定の目安になるでしょう。

2)ホワイトマーク認定企業
労働者の安全や健康などに関する約80もの基準を満たしている企業に対して、厚生労働省がお墨付きを与える制度が、ホワイトマーク(安全衛生優良企業)です。今現在、この認定を受けた企業は、福利厚生をはじめ、社員にとってより良い環境が整っていると考えてもいいでしょう。

3)就職四季報を見る
東洋経済が発行している就職四季報は、平均年収や離職率、有給消化日数などを見ることができ、その会社の待遇や働きやすさが一目瞭然になります。就活におけるバイブルと言うこともでき、気になった業界や企業の情報に目を通してみると、企業の実像をしっかりとイメージすることができるでしょう。

まとめ

仰々しい内容を連ねてきましたが、近年のパチンコ企業は会社のホームページもしっかりつくられており、上場企業であれば、IR情報も掲載されています。
また、ホールスタッフとして働くことを考えているのであれば、実店舗に一度足を運んでみるのも、企業や職場の雰囲気を理解するもっとも有効な方法と言えるでしょう。
インターネット上で口コミなどから情報が簡単に手に入れられるようになった反面、嘘や真偽不明の情報に振り回されることもある昨今、入社後に後悔しないためにも、自分の目や耳で確かめることも大切になります。

 

「就職・転職について相談したい」「パチンコ業界について知りたい」「自分に合った求人がわからない」などのご相談がある方、お気軽にパチンコの求人サポートセンターにお問い合わせください。 -WEBで相談 -電話で相談

 

カテゴリー : 転職成功のコツ

カテゴリー

ブログ内検索