パチンコの求人お役立ち情報

パチンコ店の正社員とアルバイトの業務内容の違いとは?

2020年01月30日(木)


パチンコ店の雇用形態には正社員とアルバイトがあり、もっと細かく言うと派遣社員や企業によっては正社員のなかでさらに雇用形態を分類して求人に掲載しているところもあります。
「パチンコ店で働きたいけど、正社員とアルバイトはどう違うの?」
などの疑問を持っている方もいらっしゃるかと思います。
今回はそんな疑問にお答えすべく、パチンコ店の正社員とアルバイトの違いについてご紹介していきたいと思います。

パチンコ店の正社員とアルバイトの業務内容

まずパチンコ店の正社員とアルバイトはどのような業務内容なのかをご説明します。
パチンコ店のアルバイトというとホール業務やカウンター業務がメインとなってくるでしょう。
「ホール業務はアルバイトに任せて、正社員はホール業務はしなくていい」ということはありません。
正社員も最初は基本アルバイトと同じくホール業務やカウンター業務からのスタートとなります。
まずは店舗の雰囲気に慣れ、接客を身に付けることが重要となります。
ホール業務やカウンター業務に慣れてきたら、正社員にはマネジメントや売上、トラブル対応などの責任ある業務が任せられるようになります。

パチンコ店の正社員の業務内容

店舗によってはアルバイトが行っているところもあれば、役職者のみが行っている業務もありますが、正社員の行う業務をご紹介していきます。

・スタッフの教育

新人やアルバイトの教育は正社員の業務となります。
もちろん自分より年上の方もいれば、仕事を覚えるのに時間がかかる方もいます。
スタッフの接客スキルは店舗の売上にも関わってきますので、指導者の力量が問われます。

・営業中のホール回し

言わば営業中のホールの司令塔です。
ホール全体を把握する必要があり、円滑な営業を行うためにはこのホール回しの方の腕にかかっていると言っても過言ではありません。
スタッフの配置や休憩指示、ホールの状況報告などをインカムで常に指示出しを行います。

・トラブル対応

トラブル対応はお客様からのクレームや台の故障など様々なものがあります。
お客様のクレーム対応は役職者が基本的に対応するので、内容をしっかり把握し、役職者に報告・引継ぎをしましょう。

・入替作業

パチンコ店では「新台入替」を筆頭に定期的な台の入替作業を行っています。
業者が行っている店舗もありますが、正社員もしばしば。
力仕事ですので、入替作業はほとんど男性社員で行います。

・在庫管理、発注業務

景品や店舗の備品や台の部品などの管理・発注業務を行います。
景品には賞味期限などもあるので、日々のチェックも必要となります。

・競合店調査

遊技していると、他店のスタッフらしき人がボードを持って店内の様子を見に来ているのを目撃したことがある方はいらっしゃるのではないでしょうか。
あれは「頭取り」と呼ばれる競合店調査です。
お客様の数や性別、年齢層からよく遊ばれている台などを調べ、自店の戦略に活かすというものです。

・金銭管理

金銭管理はパチンコ店では大金を扱うため、正社員、役職者が行います。
ホールに設置されている精算機や両替機、サンドに投入されたお金などの回収・計算などを行います。
紛失や盗難には十分気を付けなければなりません。

・朝礼・終礼の進行

営業前や営業後に朝礼・終礼を行う店舗は多くあります。
朝礼では当日の目標や伝達事項、声出しなどがあります。
終礼では当日の売上や反省、クレーム内容を発表したりなどがあります。

パチンコ店の正社員のとしての心構え

正社員はとにかく店舗の売上アップ、集客アップ、顧客満足度アップを考えていかなければなりません。
「どうすればより多くのお客様に来ていただけるか」
「どうすれば来ていただいたお客様により満足いただけるか」
を常に考える必要があります。
パチンコ店ではクレームはつきものです。
クレームを起こらないようにするかも重要ですが、また来ていただけるためにいかに対応するかということが重要です。

「パチンコの求人」は正社員求人

「パチンコの求人」はパチンコ店、スロット店の正社員求人サイトです。
パチンコ業界の経験を問わず、大手企業や地域密着企業などへ直接応募することができます。

カテゴリー : パチンコについて

カテゴリー

ブログ内検索