サポートセンター更新情報

35歳からはフリーターと呼ばない!? フリーター、アルバイト、正社員の違い

2018年11月26日(月)

35歳からはフリーターと呼ばない!? フリーター、アルバイト、正社員の違い

仕事の雇用形態には「正社員」をはじめ「契約社員」「派遣社員」「パート・アルバイト」など様々な種類があります。
大別すると「正社員」とそれ以外のいわゆる「非正規雇用」というくくりになりますが、「フリーター」は非正規雇用の範疇にはいります。ただし、この「フリーター」という言葉は雇用形態というよりは、その人の「働き方の状態」を表すとも言えます。
では「正社員」と「アルバイト」等の非正規雇用、そして「フリーター」の違いは何なのでしょうか? 知っているようで知らないこの違いについてまとめてみました。

 

「フリーター」とは

「フリーター」という言葉は、1980年代、ある求人雑誌が定職に就かない若者を「フリーアルバイター」と名付けたことから定着したといわれています。
「フリーター」に共通した定義はありませんが、厚生労働省では2002年以降については、フリーターを「年齢は15~34歳、男性は卒業者、女性は卒業者で未婚の者のうち、(1)雇用者のうち勤め先における呼称が「アルバイト」又は「パート」である者、(2)完全失業者のうち探している仕事の形態が「パート・アルバイト」の者、(3)非労働力人口のうち希望する仕事の形態が「パート・アルバイト」で家事も通学も就業内定もしていない「その他」の者」と定義しています。
35歳以上や無職であっても、パート・アルバイトで働く意志のある「若年者」はフリーターと定義されているようです。

 

「アルバイト」の定義

一方、パートも含めた「アルバイト」の勤務形態で働く人は、年齢に関わらず「アルバイト」になりますが、特に「35歳」を越えると「フリーター」ではなく「アルバイト」の定義が強くなるようです。ただ一般的なイメージとしては副業としてアルバイトをする場合には「アルバイト」、アルバイトを主業としている人は「フリーター」と名乗るようです。

 

フリーターと正社員の違い

さて最も気になる「フリーター」および「アルバイト」と「正社員」の違いですが、一体どんな部分が違うのでしょうか。若いうちはフリーターと正社員の差が気にならないことも多いですが、賃金をはじめとする両者の違いを確認していきましょう。

【生涯賃金】

新入社員のうちは同年代のフリーターと収入が変わらない、むしろフリーターの方が収入が高いということはよくあります。しかし、時給が大幅に上がらないフリーターと違い、正社員は年齢や結果にもよりますが、昇給によって年々給与が高くなっていくのが基本です。また企業によってはボーナスの支給もあるため、生涯賃金で考えるとかなりの差が出てきます。また正社員の給与額面は保険料などを引かれていて、これに賞与や残業手当などが入るため、単純な手取りとは比べられないのです。
ある労働統計によると、生涯賃金は総額で2億円もの違いがあるとも言われており、大卒正社員では2億5千万円、アルバイトでは6千万円程度と言われています。

【福利厚生】

正社員であれば、家賃補助や家族手当など通常の給与に加えて手当が支給され、想定以上の給与が支給される事もあります。また金銭の他にも、会社が保有している宿泊施設や提携しているお店を割安で利用出来ます。
さらに休暇でも正社員であれば基本休日は固定であり、会社の規定により最低の休日日数が決まっています。有休休暇や夏季休暇など通常の休日とは別の休暇ももらえます。
一方フリーターは休みはある程度自由に取る事ができるでしょう。しかし、休めば休むだけ給与が下がるので何回も長期休暇を取ることは現実的ではありません。

【社会的信用】

また正社員になることは、単純な報酬の面だけでなく社会的な信用を得る事でもあります。例えば車や家など大きな買い物をする際にローンを組むにも、フリーターでは審査に通らないという事も珍しくありません。いかに高時給のアルバイトでも雇用形態で判断されるので、審査には通りにくいのです。

【得られるスキルの違い】

フリーターの仕事で身につくスキルは同じ仕事内容でも限定的です。そのため、スキルを活かしての就職や転職は同業界のみに限られてしまう場合が多くなります。しかし、正社員としてスキルを積んでいれば、転職や何らかの理由により再就職する際にも、様々な選択肢があります。ビジネスマンとしての地力や知識も付いているので、別業界・別職種への挑戦も可能です。

 

最後に

フリーターと正社員では、給与などの目に見える待遇以外でもその後のキャリアや生活において大幅な違いが出てくるのが現実です。様々な人生設計がありますが、将来より良い生活を送りたい方は正社員となり、安定した生活を送ることを目指しましょう。

 
 
「就職・転職について相談したい」「パチンコ業界について知りたい」「自分に合った求人がわからない」などのご相談がある方、お気軽にパチンコの求人サポートセンターにお問い合わせください。 -WEBで相談 -電話で相談
 

カテゴリー : 豆知識

カテゴリー

ブログ内検索