パチンコの求人お役立ち情報

運転免許取得のための2つのポイント

2017年01月31日(火)

運転免許取得のための2つのポイント

 車を運転できることは、生活や仕事をする上で一種のアドバンテージになり得ますが、実は転職でも大きなポイントになっているのです。パチンコ店は異動もありますので車通勤は非常に便利。駅前店以外の配属も検討できるため採用にプラスに働くこともあったりするんです。ということで今回は運転免許取得に関してお伝えしていきます。

 社会人や大学生になると、運転免許を取得するために教習所へ通う人も多いと思います。上手くいけば2週間前後で免許を取得することができる合宿は特に人気です。しかし、運転免許を取得すべく頑張る人たちの前には、「技能試験」と「学科試験」の2つの大きな壁が立ちはだかるのです…(私も苦労しました)

 試験に何度落ちても別に大丈夫、と気軽に考える人はあまりいませんよね。なぜなら、運転免許の取得にはそこそこの費用がかかるからです。運転免許を取るために必要な金額は、普通自動車免許で全国平均、MTなら「約304,000円(税込)」、AT限定ならば「約287,000円(税込)」だそうです。なかなかのお値段ですね。お金や時間を考えると、出来ることならば「一発合格」が理想です。それに、1回で合格できれば、間違いなく自信につながります。では、一発合格した私が伝授する、合格するための2つのポイントをご紹介しましょう!

 

技能試験は確認が重要
 教習所内のコースで何度も運転を行っても、いざ技能試験になると緊張で何も考えられない…なんてことになってしまう人もいます。そんなときは、とにかく助手席にいる教官に確認しましょう。恥ずかしがらずに、少しでも不安に思ったことは遠慮なく聞くことが非常に重要です。そんなことかと思うかもしれませんが、意外にも確認をしない人が多いのです。
 教習所のコースで何度も運転し、自分は運転が上手いと思い込んでいる人や、確認することで注意されたらどうしようと思う人などが、ついつい確認を怠ってしまいがち。技能試験ではコースを予習し、当日は分からないことがあればすぐに聞く。そこだけを抑えておけば、きっと良い結果が得られるはずです。運転が心配でも大丈夫です。教習車の助手席にはブレーキもついていますので、教官がしっかりサポートしてくれますよ。

 

学科試験
 学科試験には「仮免学科」「本免学科」が存在します。流れとしては、「仮免学科」で合格後に技能試験、技能試験合格後に「本免学科」が待っています。「仮免学科」は50問、「本免学科」は100問が用意され、どちらも90%以上の正解で合格になります。
 1回じゃ無理だよと思う人がいるかもしれませんが、必ずきちんと合格できます。ただし、しっかりと勉強することが前提です。とにかく引っかけ問題が多いところに注意。実際に運転しているイメージを持ちながら問題を解いていくようにしましょう。また、教習所では学科の講義も用意されていますので、しっかりと聞き漏らさないようにすることも大切です。

 

まとめ
 技能試験では、恥ずかしがらずに何でも教官に聞くようにすること。学科試験では、引っかけ問題に気をつけ、勉強を怠らないこと。当たり前のように思うかもしれませんが、この当たり前ができず、試験に落ちてしまう人が、約10人に3人はいるそうです。このポイントを押さえて、一発合格できるように頑張りましょう!

 

 

「就職・転職について相談したい」「パチンコ業界について知りたい」「自分に合った求人がわからない」などのご相談がある方、お気軽にパチンコの求人サポートセンターにお問い合わせください。 -WEBで相談  -携帯電話で相談

 
 

カテゴリー : 豆知識, 転職成功のコツ

カテゴリー

ブログ内検索