サポートセンター更新情報

「フランチャイズ」って?

2019年02月25日(月)

「フランチャイズ」って?

コンビニエンスストアやファーストフードなど飲食店方面の仕事で、よく「フランチャイズ」という言葉を耳にします。また関連する募集チラシなどには「FC加盟店募集」や「フランチャイズ開業オーナー募集!」というキャッチコピーが並んでいます。店舗の独立・開業に関係する言葉のようですが、具体的にはどんな内容なのでしょうか。パチンコホールの「フランチャイズ」は無さそうでしたが、実は2年前に業界初の「フランチャイズ店舗」が誕生していたり、パチンコ企業がフランチャイズとしてスポーツジムや保育園を運営していたりと、パチンコ業界でも結構使われている言葉です。
今回は、聞いたことはあるけど良く知らない「フランチャイズ」について調べてみました。

 

「フランチャイズ」の意味

フランチャイズとは、「独立・開業したい人(加盟店)」と、「運営ノウハウを持っている企業(本部)」との間で結ばれる契約のことです。
加盟店は加盟金やロイヤルティー(売上の数パーセント)を本部に支払うことで、そのブランドやノウハウを使ってビジネスを立ち上げることができます。一方、本部は加盟店を増やすことで、より大きなビジネスを展開することができます。
なお、加盟店のことを「フランチャイジー」、本部のことを「フランチャイザー」とも言います。

 

フランチャイズの多い業種

外食産業、サービス業を中心に、店舗型ビジネスに多く見られます。
代表的なものとしてコンビニエンスストアや外食産業(ラーメン屋、居酒屋、コーヒーショップなど)が挙げられる他、リフォーム・リぺア業、クリーニング店なども多いです。また個別の学習塾なども最近の人気トレンドとなっています。

 

加盟店(フランチャイジー)のメリット

加盟店は、本部が持っている成功した実績、経験のノウハウを利用して一人で事業を開始することができます。また本部のブランド力を利用できることも販促として大きなメリットとなります。また、成功すれば店舗を増やしたり、新しいビジネスを開拓する楽しみもあります。
しかし、加盟店は店舗の建設や賃貸などの初期投資はもちろん、フランチャイズ契約での加盟金や毎月のロイヤリティの負担はあります。そして事業の結果に関する責任は加盟店自身が負わなければいけない厳しさもあります。

 

本部(フランチャイザー)のメリット

本部は加盟店の経営資本を活用して店舗数を増やせるのが大きなメリットとなります。小資本でも短期で広い地域に店舗を拡大していくことが可能になるのです。
また、フランチャイズ契約によって加盟店の業績に責任を負うことなく、加盟金やロイヤリティを徴収することができるので、低リスクで安定的な収益を得ることができます。
ただし、加盟店はあくまで独立した経営体であるため、直営店と比べてブランドコントロールが難しくなるというデメリットがあります。

 

まとめ

フランチャイズ契約は、外食産業やサービス業界では、無くてはならないものになっています。そしてパチンコ業界でもフランチャイズの店舗が誕生しています。もし投資することができれば、個人でパチンコ店を経営することも夢ではありません。そうした可能性を具体化できる方法が「フランチャイズ」の最大の特徴ではないでしょうか。

 
 
「就職・転職について相談したい」「パチンコ業界について知りたい」「自分に合った求人がわからない」などのご相談がある方、お気軽にパチンコの求人サポートセンターにお問い合わせください。 -WEBで相談 -電話で相談
 

カテゴリー : 豆知識, 転職成功のコツ

カテゴリー

ブログ内検索