サポートセンター更新情報

転職面接を突破するために気を付けたい4つのこと

2018年09月03日(月)

転職面接を突破するために気を付けたい4つのこと
たくさん練習をしていても、どんなに練習でうまくいっていてもどうしても緊張してしまうのが面接です。特に、あがり症の人にとっては非常に大変なことでしょう。
今回は、面接を突破するために気を付けたいことについて考えていきたいと思います。

 

(1)立ち振る舞いの練習をする

やはり大事なのが練習です。ただ単に声に出して練習するのもいいですが、声を録音したり、姿を録画したりする方がもっと効果的です。そして、随時録音・録画を確認して、不自然なところなどを改善していくようにするといいでしょう。
慣れてきたら、誰かに見てもらうようにするといいです。身内や友人など、第三者に見てもらい、フィードバックをもらうようにするといいでしょう。

 

(2)話し方に工夫する

普段話している話し方と、面接のときの話し方は同じではいけません。話し方は、「誰に対して」「なん人の人に」「どんな場所で」という要素が大切になってきます。

面接のときには、いつもよりもゆっくりと大きな声で話すことが大切です。また、強調した部分があるときは、一息入れて間をつくり、相手の興味を引くようにしましょう。

忘れてはいけないのが、「質問に対する答えを一最初に伝えること」です。「回答⇒補足・説明」という形をとり、決して質問内容から話が脱線してしまわないようにしてください。

 

(3)身体を柔らかくしておく

緊張すると筋肉がこわばり、身体が硬くなってしまいます。しかし、それではうまく声が出せなかったり、表情が不自然になってしまったりすることがあるでしょう。
できるだけ面接前には身体を柔らかくしておくことが大切です。たとえば、深呼吸をしてみたり、一度全身の力を抜いてリラックスしてみたりするといいでしょう。

 

(4)違う自分を演じるく

やり過ぎは禁物ですが、違う自分を演じるのは効果的な方法です。もちろん嘘をつくのはダメですが、「相手にどう見られたいか」「どのように思われたいか」を考えて、そのようなキャラクターを作り上げて演じてみるようにしましょう。
これが自然にできるようになれば、面接前にスイッチを入れるかのように違うテンションに切り替えることができます。「人前で話す自分はこれ」とキャラクターを定めておくといいでしょう。

 

まとめ

面接で緊張してしまう人は、(1)立ち振る舞いを練習しておく(2)話し方を工夫する(3)身体を柔らかくしておく(4)違う自分を演じることを試してみるといいでしょう。
どんなに練習しても緊張してしまうものはしてしまうので、「仕方ない」と割り切るのもひとつの手です。

 
 
「就職・転職について相談したい」「パチンコ業界について知りたい」「自分に合った求人がわからない」などのご相談がある方、お気軽にパチンコの求人サポートセンターにお問い合わせください。 -WEBで相談 -電話で相談
 

カテゴリー : 転職成功のコツ

カテゴリー

ブログ内検索