サポートセンター更新情報

上司に納得してもらう退職理由の伝え方

2018年01月11日(木)

上司に納得してもらう退職理由の伝え方

退職を決める理由は、人によってさまざまです。実際にその理由を今働いている会社の上司に言える場合もあれば、「給与が少ない」「やりがいを感じなくなった」など、そのまま言えない場合もあるでしょう。
どんなに不満が募った結果、退職を決めたとしても、それまでお給料をもらっていた会社。できるだけ円満に退職したいものです。今回は、今の会社を辞めるために伝える退職理由について考えていきたいと思います。

 

1. ポジティブな退職理由を伝える
「この会社で培ってきた経験やスキルを活かして、より専門性に特化した場所で働きたい」「自分の力を試してみたい」など、「より高みを目指すための退職だ」ということを伝えるのがひとつの手です。
それを聞いて否定をしたり、無理矢理引き止めようとしたりする上司ならば、あなたのことを真剣には思ってくれていません。本当にあなたのことを思っていれば、気持ち良く送り出してくれるはずです。
ポジティブな退職理由は、双方に暗い影を落とさずに済むので、円満退職にはもってこいです。

 

2. 個人的な理由を述べる
「結婚をするため」「親の介護に専念するため」「家業を継ぐため」「病気の療養をするため」…など、「本当はこのまま働きたいけれど、やむを得ず退職しなければいけなくなった」というのを伝えるやり方です。
これを聞けば、上司は引き止めることができません。また、大きく踏み込んでくることもできないので、詳しく突っ込まれることもないでしょう。
しかし、ここで注意してほしいのが、「嘘をつくとバレてしまう可能性があること」です。意外にも世間は狭いもので、いつどこで、前職の人に会うかはわかりません。たとえ違う業界であっても、「絶対に会わない」という保証はどこにもないのです。
なので、退職理由として伝えるために、事実をもとに「それっぽくする」程度ならばいいですが、完全に嘘で塗り固めるのはやめた方がいいでしょう。

 

◆円満退職にするために大切なこと
退職理由の他にも、円満退職のために気を付けたいことがいくつかあります。
まず、退職の意志を伝えるのは、直属の上司に直接伝えるようにしてください。それまでは、他の人には知られないようにしましょう。タイミングは、1~2ヶ月前が妥当です。大きなプロジェクトを抱えていたり、繁忙期に入ったりする時は、やむを得ない事情がない限りは避けた方が無難です。
また、業務の引き継ぎはしっかり行うようにしましょう。担当業務の内容、進捗状況や注意点などをまとめたマニュアルの作成や、顧客や取引先に対して、ご挨拶と後任者の紹介を行っておくようにしてください。

 

まとめ
退職理由を伝えるには、(1)ポジティブな理由を伝える(2)個人的な理由を伝えるやり方があります。また、退職の意思を伝える相手や時期、引き継ぎなどについては、「最後の業務だ」ととらえてしっかりと行っておくようにしましょう。転職を決めたら、「立つ鳥跡を濁さず」という言葉を意識するようにしてください。

 
 
「就職・転職について相談したい」「パチンコ業界について知りたい」「自分に合った求人がわからない」などのご相談がある方、お気軽にパチンコの求人サポートセンターにお問い合わせください。 -WEBで相談 -電話で相談
 

カテゴリー : 転職成功のコツ

カテゴリー

ブログ内検索