サポートセンター更新情報

一流のパチンコ業界人になるための心得とは

2019年06月03日(月)

一流のパチンコ業界人になるための心得とは

「パチンコ業界」と一口に言っても、その業種は意外に多いものです。
まず最初に挙げられるのは絶対的にパチンコ店。次いで機械を作るメーカー、そして全国規模のホール企業も有名です。また、専門雑誌や動画などメディアも同じ業界と言っても過言ではありません。その他にも周辺機器やホルコンメーカーなどなど多くの業種がります。
いずれの業種も、プライドをもって日々勤務している方がたくさんいます。機械の出玉低減や広告規制などで、売り上げ低下やファン離れなど逆風にさらされる業界ですが、そんな中でも現在の仕事をさらに磨き上げ、一流の業界人になるためにはどのような心構えが必要なのでしょうか?

 

自分の理念を持つ

働く人にとって最も大切なことは何でしょうか?それは「自分の理念を持つこと」だと言われています。何かとバッシングを受けやすいパチンコ業界ですが、決してブレることのない理念を持ち続けることができれば、その気持ちはきっと周囲へ伝わっていきます。それが結果として、大きな信頼を得ることにつながるのです。

 

プライドを持つ

職業に貴賤はありません。理念がしっかりあれば、プライドを持って働くことができます。
ホール企業の多くが、この理念を社員全体で共有することにとても力を入れています。
また、プライドとは別に、パチンコを知らない、あるいはバイアスの無い人が業界に入ってくることも多くなっています。パチンコ業界が特殊なものではないとう意識を、仲間と共有していきましょう。

 

逆境は最大のチャンス!?

逆境の中、新規事業へと軸足を移す企業も増えています。もちろんパチンコが基幹事業であることに変わりは有りませんが、ホールディングスやコングロマリットを形成して、新しい企業の形を模索しています。過去の成功に引きずられることなく、常に新しいことへのチャレンジを惜しまないようにしましょう。

 

地域貢献への意識

ホール企業は、地方豪族などとも呼ばれるほど各地域で存在感を発揮しています。
活性化やスポーツ、防犯協力など地域活動への貢献は眼を見張るものがあり、その貢献は大都市や地方を問わず地域に浸透しています。
こうした活動への高い意識は今後も必要です。また、地域貢献への意識が無ければ、短なる集客場でしかなく、その価値は半減するといっても過言ではないのでしょう。

 

不断の社会貢献

組合活動もとても活発です。役職が上がるとこの方面の活動も視野に入ってきます。業界人は古くからこうした活動にも熱心に取り組んで来ました。広い社会的視野をもつことも大切です。役職が上がれば地域や社会活動に参加していく意識は必須ではないでしょか。

 

まとめ

全国に一万軒もの店舗を展開してりパチンコホール。数ではコンビニエンスストアに及びませんが、その規模や集客を考えれば、地域最大のコミュニティーであるこは明白です。娯楽の提供や地域貢献等々、まだまだやれることは沢山あるはずです。
業界人としてプライドを持ち、仕事や社会貢献に真摯に取り組める人こそが、一流業界人の証ではないでしょうか。

 
 
「就職・転職について相談したい」「パチンコ業界について知りたい」「自分に合った求人がわからない」などのご相談がある方、お気軽にパチンコの求人サポートセンターにお問い合わせください。 -WEBで相談 -電話で相談
 

カテゴリー : パチンコについて

カテゴリー

ブログ内検索