サポートセンター更新情報

進む「女性が働きやすい」環境作り

2019年04月08日(月)

進む「女性が働きやすい」環境作り
女性目線でのパチンコ店の仕事のイメージは、一般的にどんなイメージなのでしょうか?

「タバコの煙がダメ」
「玉箱は重そう」
「男性ばかりで怖い人がいるかも」

などなど、求人サイトにパチンコ企業はたくさん掲載されていますが、女性にとっては色々な不安がありそうです。
しかし、実はパチンコ店の現場やバックヤードでは女性が大活躍しています。
そこで、普段なかなか見ることのできない、パチンコ店の職場環境についてご紹介します!

 

「タバコの煙」はもう大丈夫!!

前回のコラム「パチンコ店の働きやすい環境づくり~タバコ編~」でお伝えした通り、パチンコ店の空気清浄については、企業や店舗の意識が高く設備投資がかなり進んでいます。大型の空気清浄機が機能していたり、イオンやオゾン脱臭装置が多く設置されていたりするので、思ったほどタバコの匂いは気にならなくなっています。

 

玉運びは…無い!?

タバコの煙に次いで多い心配事が、このパチンコの玉を運ぶという仕事です。
パチンコ玉が入っているドル箱は1つ8~10kg程度になり、10箱、20箱を計数機に運ぶ作業は重労働です。台車を使うにしても重い玉箱を持ち上げる必要があります。これが原因で腰痛になる人も多く、男性に比べて筋力が弱い女性にはキツイ環境と言えます。
でも、最新のホールでは、パーソナルシステムなど「各台計数機」の導入により玉運びが一切ないお店が増えているのです。最新設備を導入したホール企業を選ぶと体力的にも安心です。

 

低貸し玉の普及

ひと昔前のパチンコ店と言えばガラの悪いお客が多いというイメージがありましたが、アニメなどコンテンツ重視の機種が主流の現在では普通のお客様が大半です。また、1パチなど低貸し玉の店も定着していますが、そうしたお店では勝ちたい・儲けたいお客さまではなく、まったりと楽しみたい人が多く、お客さまも穏やかで安心です。

 

女性に手厚い福利厚生

パチンコ業界が他業界よりとてもよい数字を持っているのが、育児休業取得率です。
育休取得率の取得率は高く、それはイコール職場復帰も充実しているということ。ホール企業としては接客に女性の活躍が不可欠であると考えているので、企業にとっては産休や育休、復職のプログラムを整備はもとより、短時間勤務制度やエリア限定社員、保育施設の充実など、女性が働きやすい職場環境作りは必須となっています。
女性活躍推進法成立をきっかけに、業界団体も「キャリアプランニング」と「ワークライフバランス」をテーマに働きやすい職場環境作りを推進しています。

 

まとめ

パチンコ店の現場スタッフは最新の調査で4:6程度の割合で、女性よりも男性のほうが多いのですが、学生やフリーター、子育て中の主婦の人まで、20~30代の年齢層が最も多く活躍しています。そして、雰囲気もとても明るい職場が多いのが特徴ですので、女性にとっても安心して働ける職場と言えるでしょう。
また、たくさんのお客さまの接客をする仕事だけに、女性の活躍は現場に不可欠です。ですから、職場環境の向上にはどのホール企業も努力しています。
これから女性がもっとも活躍できる職場、それはパチンコ業界かもしれません。

 
 
「就職・転職について相談したい」「パチンコ業界について知りたい」「自分に合った求人がわからない」などのご相談がある方、お気軽にパチンコの求人サポートセンターにお問い合わせください。 -WEBで相談 -電話で相談
 

カテゴリー : パチンコについて

カテゴリー

ブログ内検索