サポートセンター更新情報

ホールスタッフの主な業務と1日の流れ

2019年03月11日(月)

ホールスタッフの主な業務と1日の流れ

ホールスタッフの業務ですが、どんなイメージを持たれているのでしょうか。多くはホールでお客様に接客することや、出玉を運んだりする仕事というイメージではないでしょうか。確かにホールでの接客はメインではありますが、一日中お客様と接しているというわけではありません。実は仕事内容は幅広く、もっと色々な仕事を任されているのです。
今回はホールスタッフの基本的な仕事について確認しましょう。

 

朝礼

店長をはじめ社員、アルバイトスタッフが揃って朝礼から一日の業務がスタートします。
遅番は事務所内で朝礼を実施することが多いようです。
全員で当日スケジュールや連絡事項の共有、確認をします。一日のスケジュールをきちんと把握しておかないと、お客様や他のスタッフから質問されたときに適切に回答できません。自分の所属する店舗がどのようなスケジュールで動いていくのか、毎日しっかり把握することが大切です。

 

開店、ホールで接客

開店は緊張の瞬間です。今日はお客様に来店していただけるだろうか? しっかりと接客できるだろうか? 色々なことが頭をよぎります。そしてホールスタッフはお客様と積極的にコミュニケーションを図らなければなりません。日頃からの積み重ねがより良い遊技環境のご提供へとつながるのです。お客様の様子やご要望を把握し、他のスタッフとも情報を共有していきます。

 

玉運び、玉づまり処理

お客様の玉を運ぶのは気を遣います。玉をこぼさないように、他のお客様にぶつからないようにスムーズに行います。意外に難しい仕事です。
最近はコンピューターで管理されている店舗も増えてきて、出玉を運ぶ仕事が無いお店もあるので、こした経験も貴重になるのかもしれません。
また、遊技台に玉が詰まったり、スロット機でエラーが発生したり、機械の様々なトラブルも多いですが、これに対応できるようになるとスタッフとしてのグレードも一気に上がります。

 

他店統計

これは他業界にはない、パチンコ店独特の業務ではないでしょうか。
定められた時間ごとにライバル店を視察して、その時間の各店舗の顧客人数を確認していく業務になります。単に人数を数えるだけではなく、年齢層や性別、他店舗がどのような企画を実施していたか、自店のお客様がどれほど流動しているのかなどを上長に報告します。他店の動きをチェックしながら、今後のイベント企画を考えたり、対策を練ったりするのです。
もちろん自店舗にも、他店舗のスタッフさんが統計で来店しているのをよく見かけます。
店舗を運営していく上で、とても大事な業務のひとつです。

 

カウンター業務

店には必ずカウンター業務があります。
カウンターというのは、お客様が出玉と賞品を交換する場所のことです。
カウンターを担当するホールスタッフは、交換ミスのないように対応することが求められます。
また景品の在庫確認も大切な仕事です。定番のお菓子や生活用品、また時期には地域物産などを御用意するなど、お客様の期待を裏切らないように細かくチェックすることが大切です。
景品選びにおいてもお客様に楽しんでいただくための工夫を凝らしています。

 

まとめ

今回は新人の方が任される主な仕事内容を中心にご説明しましたが、経験を積んでいけば仕事内容の幅はもっと広がっていきます。
パチンコ・スロット店のホールスタッフは接客が主な仕事ではありますが、ほかにもたくさんの業務に日々取り組んでいるのです。

 
 
「就職・転職について相談したい」「パチンコ業界について知りたい」「自分に合った求人がわからない」などのご相談がある方、お気軽にパチンコの求人サポートセンターにお問い合わせください。 -WEBで相談 -電話で相談
 

カテゴリー : パチンコについて

カテゴリー

ブログ内検索