サポートセンター更新情報

面接のコツ|癖を出さないように注意しましょう

2014年11月04日(火)

パチンコ店の面接のコツを掴んだサラリーマン
ユーコ/パチンコの求人 運営責任者
 「パチンコ業界で仕事がしたい!」 転職希望者にキャリアアドバイスやサポートを実施してきた人数は1000人以上。歯切れよい情熱アドバイスに心を動かされた人も多い。
ビジネスマンは忙しい。そんな中に時間を調整して就職活動をしても、面接でミスしてしまっては成果が出ない。就職に準備が必要な様に、面接には対策が必要である。そこで、今までの経験に基づいた独自ノウハウを惜しげもなく披露し、“みんなに受かってもらう”ための面接アドバイスを定期的にお届けする企画である。

 

体と言葉の癖に注意しましょう

 癖とはあなたが無意識のうちに行っている、習慣の行為です。周りからの指摘などで気付かされることも多いと思いますが、手足の動かし方や話し方など日々繰り返し行っていることも多いでしょう。

 面接は非常に緊張するため、焦ってしまい悪い癖が出てしまうこともあります。勿論、癖がある人は面接で気を付けるべきですが、強く意識して取り組まなければなりません。それほど、癖はあなたが気付かないうちに自然に発生しているのです。

 行動で一番わかりやすいのは手足などの癖です。例えば、爪を噛む、貧乏ゆすり、髪の毛をいじるなど、体の一部をいじったりする行為です。日常でもよく見る行為ではありますが、悪い印象を与えることはあっても、良い印象を与えることはありません。また、落ち着きがなさそう、イライラしている、怒っているという印象を与えてしまう可能性もあります。

 体の癖は、体を動かすことで自分自身を落ち着かせ、心のバランスを保とうとしています。他にも、眉間にシワが寄ってしまったり、顔が強張り無表情になってしまうのも癖の一つ。面接官の目に映るあなたの印象は、面接の選考結果に大きな影響を与えますので、全て正すことを難しいとは思いますが意識することは重要でしょう。

 

言葉の癖は一呼吸置くことが大切

 

 癖で特に多いのは、言葉です。言葉の最初に「あー」「えー」「あのー」と付いてしまう人、「あっはい」、「あっそうです」、「あっそれは」なども同様です。この様な言葉の癖は、本人が全く気付いていないことが多く、尚且つ面接官にとっては悪い印象を与えてしまう典型的な例です。

 これらの癖についてあなたが直したいのであれば、まずは友人に自分の癖について指摘してもらうのが良いでしょう。まずは癖を認識して、直す努力をするという所から始めましょう。

 言葉の癖については、緊張せずに臨めることが一番ですが、それが難しい場合は、面接官から質問には一呼吸置いてから答えることを意識してください。考えがまとまっていないのに回答しようとするから「あー」「えー」という癖が出てしまうので、一呼吸置いている間にしっかりと考え回答することであなたの癖が出てしまう場面は少しずつ減っていくでしょう。

カテゴリー : 面接のコツ

カテゴリー

ブログ内検索