サポートセンター更新情報

面接のコツ|おしゃれと身嗜みの違い

2014年10月24日(金)

パチンコ店の面接のコツを掴んだサラリーマン
ユーコ/パチンコの求人 運営責任者
 「パチンコ業界で仕事がしたい!」 転職希望者にキャリアアドバイスやサポートを実施してきた人数は1000人以上。歯切れよい情熱アドバイスに心を動かされた人も多い。
ビジネスマンは忙しい。そんな中に時間を調整して就職活動をしても、面接でミスしてしまっては成果が出ない。就職に準備が必要な様に、面接には対策が必要である。そこで、今までの経験に基づいた独自ノウハウを惜しげもなく披露し、“みんなに受かってもらう”ための面接アドバイスを定期的にお届けする企画である。

 

面接におしゃれは必要ない

 面接であなたが面接官に与える第一印象はとても大切です。面接は、あなたの将来を左右するとても重要な機会。良い印象を与えるためにヘアスタイルやメイク、服装など整えることは必要ですが、節度を持って準備をしないと逆効果になってしまうことがあります。

 意識してほしいのはおしゃれと身嗜みは異なるということ。面接でおしゃれは必要なく、身嗜みを整えて望まなくてはならないということを知っておきましょう。

 おしゃれはあなたの個性を周りにアピールし表現するための手段です。おしゃれは自己表現の一つであり、自分自身の価値観で考えるものです。これらを重要視する様なデザインやアパレルなどの職業の場合、センスを確認する一環として普段着でも構わないとする面接も一部には存在しますが、それは特殊なケースです。基本的にはビジネススーツで面接に行く必要があります。

 身だしなみとは社会性を表現するための服装です。あなたの好みで選ぶのではなく、相手や周囲の人たちに不快感を与えないようにするために整える必要がありますので、おしゃれとは表現の目的が異なります。

 面接の場でおしゃれを強調すると、自己主張が強い、迷惑をかけやすい、常識がないなどのネガティブな印象を与えてしまう可能性がありますので注意が必要です。

 つまり、派手なネイル、ピアス、ひげ、茶髪、長髪、カラーコンタクト、目立つアクセサリーなどはおしゃれであり、面接の場ではふさわしくないと言えます。しっかりと理解した上で、面接に相応しい格好をしましょう。

 

ビジネスの服装の三原則は清潔、上品、控えめ

 

 ビジネススーツを持っていないし、買うお金が無い、面接以外で着る機会も無さそうだし勿体ないからと準備しない人は、面接を受ける準備が出来ていません。そのため、内定を得られることは少ないでしょう。

 スーツ、ワイシャツ、ネクタイ、ビジネスバックは購入するか、最低でも知人に借りるなどして絶対に用意して下さい。近年ではディスカウントストアやスーパーマーケットチェーンなど活用すれば、全て合わせて1万円程度で準備することも可能です。

 単にこれらを準備すれば良いという訳ではありません。スーツのヨレ、ボタンを全て留める、ネクタイの結び目に気を遣うなど、注意すべき点はたくさんありますが、客観的にあなたを見た時に問題があるかという目線で自分をチェックしてみて下さい。これらを意識するだけでも、あなたへの印象は大きく変わるでしょう。

カテゴリー : 面接のコツ

カテゴリー

ブログ内検索