サポートセンター更新情報

面接のコツ|一貫性のある返答をしましょう

2015年01月29日(木)

パチンコ店の面接のコツを掴んだサラリーマン
ユーコ/パチンコの求人 運営責任者
 「パチンコ業界で仕事がしたい!」 転職希望者にキャリアアドバイスやサポートを実施してきた人数は1000人以上。歯切れよい情熱アドバイスに心を動かされた人も多い。
ビジネスマンは忙しい。そんな中に時間を調整して就職活動をしても、面接でミスしてしまっては成果が出ない。就職に準備が必要な様に、面接には対策が必要である。そこで、今までの経験に基づいた独自ノウハウを惜しげもなく披露し、“みんなに受かってもらう”ための面接アドバイスを定期的にお届けする企画である。

 

話に軸があるかを見直しましょう。

 転職活動の面接で問われた内容に対して、あなたは一生懸命答えようとすると思います。志望動機、前職の退職理由は特に重要視されますが、それ以前にあなたの答えに筋が通っているかどうかという観点で良く見られています。

 面接官は質問に対してあなたという人が、どのような人物で、会社にどれくらいの貢献をしてくれるのかを総合的に判断しています。それぞれの質問に対して良い答えをするのではなく、しっかりと矛盾なく一貫性を持たせることが大切です。

 たとえ各質問に対して模範通りの解答が出来ていても、一貫性の答えをしていないことによって矛盾した人間と思われてしまいます。話があっちに行ったりこっちに行ったりするため、あなたがどの様な人間なのか分からないからです。そのため、面接の最初から最後までしっかりと矛盾なく答えられるように準備を行っていきましょう。

 面接時にされる質問は大きく、過去・現在・未来に関することの3つに分類することが出来ます。過去とは、あなたが今までどんな仕事をし、どんなスキルを身につけてきたか、退職理由などがあげられます。

 現在は、あなたが面接を受けている企業の志望理由、スキルアップするために取り組んでいる事などで、未来とは今後どのようなキャリアを歩んでいきたいか、どうやって会社に貢献をしていきたいかなどがあげられます。この3つがバラバラになるのではなく、ひとつひとつが線の様に繋がっていることが大切ですので、面接時に心掛けましょう。

 例えば、あなたの強みは?という質問に対して、こういったエピソードがあり、今はその強みをこんなことに活かしている、今後はこんな風に活かしていきたいと伝えられると好印象になることでしょう。矛盾に矛盾を重ね、あなたが芯の無い方と思われないためにも、深呼吸をし、冷静になって回答するように心がけていきましょう。

カテゴリー : 面接のコツ

カテゴリー

ブログ内検索