サポートセンター更新情報

面接のコツ|残業時間や福利厚生などの質問方法

2014年12月01日(月)

パチンコ店の面接のコツを掴んだサラリーマン
ユーコ/パチンコの求人 運営責任者
 「パチンコ業界で仕事がしたい!」 転職希望者にキャリアアドバイスやサポートを実施してきた人数は1000人以上。歯切れよい情熱アドバイスに心を動かされた人も多い。
ビジネスマンは忙しい。そんな中に時間を調整して就職活動をしても、面接でミスしてしまっては成果が出ない。就職に準備が必要な様に、面接には対策が必要である。そこで、今までの経験に基づいた独自ノウハウを惜しげもなく披露し、“みんなに受かってもらう”ための面接アドバイスを定期的にお届けする企画である。

 

質問するタイミングに注意しましょう

 退職理由に残業時間が長い、給与が上がらないなどの待遇に不満を感じたことがきっかけの人はたくさんいるのではないでしょうか。これらに不満を感じているからこそ、次の会社の環境に関して気になる人も多いと思います。

 しかし、企業側に聞く質問としては、非常にデリケート内容です。あまりにしつこく質問してしまうと、福利厚生や待遇が目当てで面接を受けていると捉えられます。一般的には、この様に捉えられた人は面接での評価が非常に悪く、良い結果に結びつきません。内定を得ないと入社出来ないのは当たり前ですが、これらの情報を知らないとあなたは決めきれないというジレンマがあるとは思います。そのため、今回お伝えしたかったのは聞くタイミングと方法です。タイミングや尋ね方を工夫することで、面接官に変な心配をかけることなく、知り得ることも可能です。

 タイミングで言うと、面接時間の前半でこれらの話を訪ねるのは辞めましょう。前半で聞いてしまうと、あまり良い印象が残りませんし、その後の選考に響いてくる可能性もあります。質問するのであれば、後半や話の最後に聞くのが良いでしょう。

 また、利口な尋ね方としては、「不慣れなため、残業をして早く仕事を覚えたいと考えていますが、みなさんはどれくらい残業しているのですか。」など、あなたの働く意思や頑張りたいという気持ちをアピールしつつ質問すると良いでしょう。給与に関しては「私は目標を持って仕事をしたいと考えているのですが、初任給から努力で昇給を勝ち取るには、どのくらいの期間や実績が必要ですか?出来れば具体的に教えて頂くとありがたいです。」などと伝えるのも有りでしょう。

 また、後半にヒアリングすることのメリットとして、最後に聞いた頃には面接官のあなたに対する印象が固まっており、そこからあなたへの印象が大崩れすることも少ないからです。他にも、内定を頂いてから、改めて時間をもらって、その場で細かく質問するということも出来ます。

 聞き方はたくさんありますので、1次面接の場で絶対に聞かなければ分からないと気負う必要はありません。入社するまでに聞けるタイミングはいくらでもありますのでご安心ください。しかし、選考の前半で福利厚生や待遇の質問をし過ぎると、これら目当ての人と印象が悪くなってしまいますので、その点には注意しましょう。

カテゴリー : 面接のコツ

カテゴリー

ブログ内検索