• TOP>
  • 面接前の準備

面接前の準備について

ポイント

準備をするかしないかでは結果に大きな差が出ます。面接後に後悔しない様に、事前にできる準備を整えましょう。

STEP 1 企業研究をしよう

インターネットは一番手軽に情報を集められるメディアです。企業ホームページや店舗ホームページを中心に、応募する段階よりも深く企業のことを調べます。また、お店を見学ができる人は、お店の営業時間中に行いましょう。お店を見ると「入社後の働く自分」をイメージしやすく、面接の志望理由も飾ることなく伝えられるようになるのでオススメです。

STEP 2 面接で話す内容を整理しよう

あなたが作成した履歴書、職務経歴書を簡素に説明できる準備をしましょう。志望動機や前職の退職理由など、面接でよく聞かれる質問に関してしっかりと準備をしておくことで、当日に焦らず落ち着いて望むことが出来ます。また、面接が終盤に差し掛かると、必ず「質問はありますか?」と聞かれます。質問が全くないと、企業に対して意欲や関心が薄いと取られる場合がありますので、質問事項は事前に用意しましょう。また、質問に関して、「少し調べれば分かるような内容」「給与や待遇ばかりの質問をすること」は印象を悪くする可能性があるので注意しましょう。

STEP 3 訪問時間と身だしなみのチェックも忘れずに

面接会場までの交通手段と所要時間をきちんと調べて、当日遅刻することのないように準備しましょう。スケジュールに余裕があれば一度面接会場の確認に行っておくと良いでしょう。
また、スーツのしわ、靴の汚れは目立ちます。スーツをクリーニングに出すなど、身だしなみに関する準備も怠らず、前日までに必ず手入れしておきましょう。

面接時の持ち物